ビジネス誌「月刊BOSS」。記事やインタビューなど厳選してお届けします! 運営会社 月刊BOSSについて

特集記事|月刊BOSSxWizBiz

2015年10月号より

10年、20年後をイメージしながらオーダーメード保険でリスクをカバー|月刊BOSSxWizBiz

完全リタイア目前61歳は最後の見直し

Simulation:2
夫:61歳 60歳で定年後再雇用、年収650万円 63歳からは250万円になる
妻:55歳 専業主婦週3回のパート
長男:33歳 会社員 未婚 独立
次男:28歳 未婚 同居。
預貯金:4700万円(60歳で退職金を受取り済み)。
加入中の保険
夫・死亡保障2000万円の医療特約付(入院日額5000円)定期保険に加入。63歳に更新予定。
妻:医療共済。10年確定個人年金保険。そのほか2人の子どもの医療保険料を負担中。現在の世帯の月額保険料5万3000円。

「61歳という年齢から考えると、最後の保険の見直しということになると思います」

と話すのは、三井住友海上あいおい生命営業推進部の森健治さん。そこでこのシミュレーションケースで森さんが着目したのが、この家族が10年後、20年後はどうなっているかということだ。

森さんによれば65歳で年金生活に入ってからの年金収入は、夫婦で250万円ほど。すでに受け取っている退職金など預金を考慮すると、「老後の生活で収支のバランスが崩れることはないでしょう」(森さん)という。

とはいえ、それは夫婦が健康でいるということが条件だ。最近は単に寿命でなく、元気で活動できる健康寿命が重要視されるようになってきたが、このケースも同様。そこで森さんが提案してくれたのが、あいおい生命の主力商品である〈&LIFE 新医療保険A〉を中心とした医療保険と介護保険の組み合わせである。

〈&LIFE 新医療保険A〉の特徴は、「セット商品ではなくてお客さまに必要なものをオプションとして付けて、オーダーメードに設計していくタイプの保険」(森さん)というもので、このケースでは、日額1万円の入院給付、放射線治療、集中治療室管理、手術給付という基本的な保障に、オプションで入院時手術給付、3大疾病入院一時給付、がん診断給付、先進医療を付加した。

使いやすい保険は受け取りやすさがポイント

三井住友海上あいおい生命 営業推進部
販売サポートグループ 課長 森 健治さん

この商品の大きな特徴は、オプションで付いている3大疾病入院一時給付特約。他の多くのものは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中適用範囲がやや狭く、がん以外では60日以上働けない場合など、支払い条件のハードルが高い。しかし、あいおい生命の商品は、診断給付で上皮内がんも含み、心疾患、脳血管疾患については「入院」すれば保険金が支払われるタイプで、ハードルが低い。そのため「一時金を通常は50万円ですが、あえて100万円にしました」(森さん)と保障を高めに設定した。さらにがんについては、100万円の診断給付をセットして手厚くカバーしている。

「この家族で気になるのは、介護保障がないこと」と森さんは指摘。オプションで年額120万円の終身介護保障特約を付け加えた。この介護保険は要介護2以上で支払われる。

「男女でリスクに違いはありませんからね」と森さんが進めるのは、夫婦で同様の内容の保険に入ること。この場合の夫婦の保険料は7万202円。保険料が気になれば、介護を5年確定にダウンサイジングすれば、5万2178円まで下げることも可能だ。


メルマガ登録

月刊BOSS年間購読ご希望の方はこちら

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

大正フリーローン

高田 明氏(ジャパネットたかた 創業者)特別講演会【名刺交換会】

ビズネクスト

 

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

名刺の価格革命

田町・品川の貸し会議室|WizBizの会議室情報

名刺などのデータ入力代行サービス|WizBiz

経営者占い